無料サッカーゲーム

ロンドンオリンピック・サッカー

4年に一度の華々しき一大イベントが、その幕開けまでの月日を、いよいよ意識させる時期に差し迫りました。みなさんご存知の通り、2012年は、待ちに待ったオリンピックイヤーです。夏季オリンピックとして、節目の第30回を迎える今大会は、3度目となるロンドンにおいて、7月27日から開催される予定となっております。オリンピックで実施される競技は、陸上、水泳、体操、球技などがあり、その中でもさらにさまざまな種目に分かれています。今年のオリンピックは、現時点で150カ国以上が参加を表明していますが、それほどたくさんの国々とその代表選手の人たちが、お互いに激しく競い合うわけですから、その熱き戦いの中で、表彰台に立つことがいかに困難であり、いかに名誉であるのかは、容易に想像がつくところです。当然ながら、我らが日本もさまざまな種目での出場を予定しており、代表に選ばれた日本人選手の方々は、日の丸を背負って勇猛果敢に戦い抜いてくれるでしょう。

 

期待の競技はもちろんサッカー!

さて、世界でも屈指のアスリートたちが一堂に会するオリンピックは、どの競技も見逃すことができませんが、今回特にいろんな意味で注目していきたいのは「サッカー」です。
その理由というのが、開催国であるイギリスにおける、サッカー競技に関する代表チームの編成が、人々の関心事となっているからです。イギリス本土には、歴史的背景から、国際サッカー連盟(FIFA)に認可されたサッカー協会が4つ(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)設けられており、ワールドカップなどの国際試合もそれぞれ単独に出場してきました。そのため、イギリス代表という概念はなく、4つの中でも群を抜いて選手層の厚いイングランドだけが国際大会で表立った成績を残し、脚光を浴びる存在になりえました。しかし、オリンピックに関しては、それらの4チームに出場権はありません。つまり、イギリス代表として出場せざるを得ないのです。そうした際には、本来であれば4つの統一チームを結成して出場することが望ましいのですが、協会間の確執や反対が絶えないため、オリンピックにおけるサッカーのイギリス代表は、これまで事実上イングランドの単独チームで編成されてきました。

 

サッカーの母国イギリスでの開催

今大会の開催国であるイギリスは、予選を免除されています。そのため、1960年のローマオリンピック以来となる、サッカーのイギリス代表が実現する運びとなりました。そして、今大会においては、統一チームを結成することが分かっています。つまり、4つのチームで圧倒的に戦力のあるイングランドのみならず、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの中からも、優れた選手を招集することができるので、イングランド以外の選手からは何人選ばれるのだろうか、あるいは、どのようなチーム編成がなされるのだろうかと、多くの人が議論に花を咲かせていることと思います。また、本当に統一チームにするのだろうか、またもやイングランドの単独チームに成り果てるのではないだろうか、といった根本的なテーマにも話が及ぶと思いますので、そういった意味でも今回のイギリス代表は、どのようなチームでオリンピックに臨むのか、非常に興味深いところです。

 

オリンピック日本代表期待の選手たち

今回のロンドンオリンピックは、イギリス代表が大きな注目を集めていますが、他にも大会を盛り上げてくれそうなチームがたくさんあります。金メダル候補のスペインを筆頭に、ウルグアイ、ブラジル、スイスもメダル獲得に期待のかかるチームといっていいでしょう。そして、忘れてならないのが、厳しいアジア予選の戦いを勝ち抜いて、5大会連続9回目の本選出場を決めた日本代表の存在です。今大会にちなんで「ロンドン世代」と呼ばれるU-23日本代表のメンバーには、将来有望な若手が非常に豊富に揃っています。ポジション別に見ていくと、FWの「大迫勇也」、「永井謙佑」、「原口元気」、MFの「金崎夢生」、「清武弘嗣」、「大津祐樹」、DFの「鈴木大輔」、「濱田水輝」、「酒井宏樹」、GKの「権田修一」などが名を連ねており、いずれの選手も今後の成長が楽しみで仕方のない逸材ではないでしょうか。

 

海外組の選手からも目が離せない

オリンピックのサッカーには、年齢制限が設けられていて、23歳以下の選手に出場権があります。そして、この条件を満たしていても、先にA代表(年齢制限がない一番上のカテゴリー)に選出されているなどの理由から、いまだに召集がかかっていない「香川真司」、「宮市亮」「宇佐美貴史」といった力のある選手もいるため、彼らをオリンピックのメンバーにも組み込むか否かという話題も注目を集めています。また、オリンピックには本大会に限り、24歳以上の選手(オーバーエイジ)を最大3人まで加えられるというルールがあります。開催国のイギリスでは、このルールを活かして、統一チームの絶対的なリーダーとしての役割を果たせるだけでなく、抜群の宣伝効果にもなる、元ウェールズ代表の「ライアン・ギグス」と長年イングランド代表でキャプテンを務めた「デイビッド・ベッカム」という二人のベテランを招集してみてはどうだろうか、という意見もあるようです。日本でも、このオーバーエイジというシステムを使うのか、そして、使った場合には誰を呼ぶのかという議論が頻繁にされてきました。しかし、ロンドンオリンピックまでの期日が徐々に迫り、すでに猶予していられる段階ではないので、できるだけ早々にメンバーを確定させ、メダルを目指して最強の布陣で本大会に臨んでほしいと思います。

 

スマホ携帯電話でサッカーゲームが楽しめる

世界中の強豪国が集結するロンドンオリンピックにおいて、サッカーの日本代表はどのような試合を見せてくれるのか、そして、どれだけ勝ち進んでいけるのか非常に楽しみなところですが、現実のサッカーと併せてお楽しみいただきたいのが「サッカーゲーム」です。最近では、欧州各地のリーグやクラブ、そして、そこに所属する選手などのデータがそのまま実名で登場し、現実のサッカーで選手の移籍などが発生すると、ゲームでもその情報が定期的に更新されるといった、現実のサッカーと連動するリアルなサッカーゲームが、高い人気を集めているようです。その主な例としては、サッカーゲームとして「ウイニングイレブン」に並んで有名な「FIFAシリーズ」を手がける「EA」が制作に加わった『FIFA ワールドクラスサッカー』や日本最大級のサッカーポータルサービス「超ワールドサッカー」が全面サポートする『100万人の超WORLDサッカー!』などが挙げられます。そして、これらのゲームは、いずれもSNSを代表する『グリー』と『モバゲー』でプレイすることができます。また、登録から実際に遊ぶまで、すべて無料でお楽しみいただけるので、大会が開催されるまでに、ゲームを満喫しながら知識をたくさん増やし、本番のオリンピックをさらに楽しむための準備を進めていきましょう。

ロンドンオリンピック・2012五輪サッカーU23記事一覧

サッカー日本代表なでしこジャパンとロンドン五輪(オリンピック)

2012年の最大のイベントといえば、なんといってもロンドンで開催される夏季オリンピックではないでしょうか。この4年に一度きりのスポーツの祭典は、ひとたびその幕を開けると、開催地を熱狂の渦に巻き込みます。そして、国を背負って戦うトップアスリートの人たちが、己が持てる限りの技術、体力、精神力を発揮してお...

≫続きを読む

 

なでしこジャパン携帯無料サッカーゲーム

ロンドンオリンピックでのなでしこジャパンの試合は、非常に待ち遠しい限りですが、そんな気持ちをいっそう高揚させてくれる「サッカーゲーム」が、ちまたで人気のSNS『グリー』と『モバゲー』にはたくさんあります。特に最近では、なでしこブームにあやかったのか、女子サッカーを題材にしたゲームが増えているように思...

≫続きを読む

 

ヤフーモバゲー

人気の無料サッカーゲームなら
Yahoo!モバゲーがおすすめ!